校則 校則は社会ルール

自律と自主性を重んじる高校!頭髪や服装なども社会の常識的なルールを守ってもらえればOK!自分を最高に生かせる未来型の高校ならではの校則。

立志舎高等学校 校則について

青山 文彦 先生

青山 文彦 先生

立志舎高等学校での校則は「社会ルール」です。
これは、従来の高校のように、学校から一方的に守るべきことを押し付けられるのではなく、一人の人間として責任のある判断を要求されるということです。単に与えられたものを、ただ守っていればいいというものではなく、今自分が何を守るべきなのか、どうすると誰に迷惑がかかるのか、を常に考えて行動する必要があるのです。「あたりまえのことを自分できちんと守る。」これが立志舎での「社会ルール」の考え方です。これをしっかり身に着けることは、必ず生徒が社会に出てから役に立つと、私たちは信じています。

制服

魅力的な基準服も生徒たちの自慢のひとつ!

常に着用する制服はありませんが、その代わりに基準服を準備しました。入学式などの学校行事には基準服を着用することを基本としますが、もちろんそれも自由!普段着感覚で着るのもいいでしょう。誇りを持てるすばらしいデザインです。

  • 基準服(夏服)基準服(男子夏服)
  • 基準服(夏服)基準服(女子夏服)
  • 基準服(冬服)基準服(男子冬服)
  • 基準服(冬服)基準服(女子冬服)