選択授業科目一覧

自分のやりたいこと、進路にあわせて科目をコーディネイト

令和2年度より毎週火曜日と木曜日の5,6時間目に選択科目授業が行われています。
選択科目では、進路に向けての勉強や興味のあるものに関し、視野を広げることができる授業になっています。

美術講座(イラスト講座)

美術初心者を対象に、一番の基本から絵の描き方を練習します。静物画、人物画の素描練習を徹底することで、絵の基本力をアップさせます。

音楽講座

自由に好きな曲を演奏できるように楽譜の読み方とリコーダーの運指を身につけます。また、鑑賞を通して音楽の美しさを味わい感性を磨き、Jazz音楽に触れることで、その歴史や背景、楽しさを知ります。

世界遺産講座

日本に世界遺産は2021年現在23個あります。世界遺産は1,121個あります。マチュピチュやモンサンミッシェル、原爆ドームや姫路城など、世界中にある遺産について学び、魅力に触れていきます。

スポーツ講座(ダンス)

今年度はストリートダンスを学びます。現代的なリズムのダンスの特性に関心を持ち、仲間とリズムに乗って踊る楽しさを共有することができるようにします。

スポーツ講座(硬式野球)

野球を通して心身共に鍛え、高校生として相応しい人材を育成することを目的とします。江戸川ライン野球場(野球部専用グラウンド)を使用し、体づくり、基礎練習、実践練習をおこないます。

スポーツ文化講座

バスケットボール、バレーボール、野球、サッカー、卓球などのルールや競技特性、文化背景など、座学と実習の両面から興味や関心を深め、スポーツに対する視野を広げます。

中国語講座

世界の4人に1人が日常語で中国語を使っています。実は世界で一番母国語で使っている人口が多いのは中国語です。日常会話や、聞く力を中国語講座で一緒に学習していきましょう。

フランス語講座

フランス料理やルーブル美術館など文化に触れながら、日常会話やコミュニケーションを楽しく学ぶ講座です。皆初めてのフランス語ですから、初歩から丁寧にゆっくりと学習します。

ドイツ語講座

ウィンナーやアルバイト、リュックサックがドイツ語に由来があるって知っていますか?なかなか触れられないドイツ語が初歩から学べるチャンスです。文化や言葉を学んで将来に備えよう。ドイツ語のサッカー中継も分かるかも!

時事研究講座

現代社会の諸課題に関心を持ち理解を深め、主体的に考察する態度や能力を身につけます。調べ学習を通して、必要な情報を正しく入手・精査しまとめ、身につけた知識を活用し、自分自身で判断できる資質や能力を養います。

理科実験講座

理科離れが叫ばれる昨今。理系におけるレポートの書き方やスケッチの仕方を一から身に付けるとともに、身近な事象にも触れ、実験を通して原理や考察など自ら考える力を養うことを目的にします。

パソコン講座

就職でも進学でも、PCスキルがあれば不安はありません!自由にPCで文書がつくれるように、はじめから丁寧に練習します。タッチタイピングから文章作成まで、分からないときはすぐに聞きながら、Wordを使ってゆっくり実習します。

音楽史講座(音楽から学ぶ地理歴史と論作文)

映画やテーマパークなどで使われているような良く知っている音楽を入口に、楽譜を読めるようにすることと、歌詞の意味、作品の背景などを学びます。音楽だけでなく、地理歴史や英語や国語表現の力も伸ばせます。※英語や楽譜が苦手でも大丈夫です。

SPI講座

就職活動において、必須の個人検査であるSPIで高い評価を得るために、主に非言語分野を中心にやっていき、計算力、論理的思考力、対応力を身に着けていきます。

公務員講座

公務員の魅力を伝えるとともに教養試験、適性試験で対応できる知識を養います。将来の進路選択として3年次には行政事務、消防官、警察官、自衛官などの公務員試験合格に向けて勉強していきます。

大学受験講座(1年生)

英語・数学・国語の3教科と問題解決の学習を行います。学習の中で思考力・判断力・表現力の育成を図り、大学入学共通テストや各大学の個別試験に対応できる力を養います。そして第一志望大学現役合格をめざし、学問をより高度に深く学ぶことで、大学合格への第一歩を踏み出せるようにします。

大学受験講座(2年生)

高校2年生は、自分の将来について真剣に検討し、選択していく時期です。自分の志望に合った科目を選択し、来年の受験に向けて、しっかりとした土台を築いていきます。そのため、英語・数学・国語の3科目は、高校1年生で学んだことを土台に、さらに発展的な内容も学習していきます。

日本語講座

日本語を母国語としない生徒を対象に1200字の小論文が書ける程度の日本語の能力を身につけます。また日本語の良さを知ってもらい、日本語を好きになってもらうことを目標とします。